イベント

パパといっしょに作って遊ぼう〜紙コップで作ろう!ひらひらおひなさま〜に行ってきた

〜紙コップで作ろう!ひらひらおひなさま〜を5歳児が作って見た

アートフォーラムあざみ野1階にある“子どもの部屋「親子のひろば」”では、毎月第2土曜日はパパの工作Dayということで、パパと子どもで参加して工作を作っていく企画をやっています。
※パパでなくママときても問題にないです!

このイベトンとで2月9日(土)は〜紙コップで作ろう!ひらひらおひなさま〜という企画で、ひな人形を紙工作で作るというものでした。
ご覧の写真のように、おひな様お内裏様だけでなく、菱餅やひなあられなどが入った入れ物、それから金屏風まで一式作れるという、なかなか盛りだくさんなものです。

布テープを可愛く装飾して、服に貼って剥がせるシール名札みたいな感じです。

受付でひろば利用料として300円を払い、親子ともに名札のシールに名前を書いて貼っていきます。

材料や必要な道具は用意されています!

あらかじめ牛乳パックや折り紙、部品などは切って用意してあります

このように今回の企画の工作を完成させるための材料は用意されています。用意しようと思えば、身近な牛乳パックや折り紙などを切って準備できるので、家に帰ってからも同じようなものを作るのにチャレンジできそうですね。

ノリやテープ好きなものをを選んで使っていくことが出来ます。

文具も準備してあり、見本を見て、同じように作っていきます。
こんかいのおひな様とお内裏様は、紙コップ2個の間に、カラフルな紙を挟む、という形で服を着せた感じに見せています。
簡単なのに、見た目もそれっぽく見えるからいいですね!

オリジナリティは顔を描くところで発揮出来ます。ここで好きな色のペンで好きなように顔を描いていきます。

しっかりと糊付けしていきます。

はーい!完成!

完成したものはもちろん、持って帰ることが出来ます。
ちょうど季節にあったものを作るので、1ヶ月近く、家に飾っておくこともできる、そんな紙工作を教えてくれます。

次回は3月9日(土)10:30〜。
HAPPY EASTERということで、牛乳パックでつくるひょっこりうさぎ、とのこと。
先着30組ということで、早めに行った方が良いかもしれません。

興味の有る方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか。

子どもの部屋:公益財団法人横浜市男女共同参画推進協会 (フォーラム)

本記事について事実誤認や値段、表記の誤りなどお気づきの点がございましたらお問い合わせフォームからご連絡ください。

-イベント
-, ,

© 2020 スポット横浜